モバイルオーダーとは?導入するメリット・デメリットを店舗、お客様側視点で解説!人手不足解消ツールならモバイルオーダーがおすすめ?

2022年、マクドナルドやスターバックス、吉野家など、多くの飲食企業がモバイルオーダーを導入しています。 モバイルオーダーシステムの導入は、巷で言われているように人手不足の解消に役に立つのでしょうか。また、インバウンド需要やリピート促進にも効果があるとも言われています。 今回は、モバイルオーダーとはどんな機能なのか、メリットだけでなくデメリットはあるのかなど、企業目線とお客様目線両方の視点で解説していきます。

モバイルオーダーとは?導入するとどんなメリットがある?

モバイルオーダーとは?導入でどんなメリットがある?
モバイルオーダーとは?導入でどんなメリットがある?

モバイルオーダーは、お客様(飲食店にとって来店されるユーザーを指す)がご自身のスマートフォンやタブレット端末を使用して、料理などを注文するサービスの総称です。 スマホ注文、スマホオーダーなどと呼ばれる場合もあります。

マクドナルドやスターバックスなど大手企業も導入しており、注文した商品の出来上がり待ち時間を省くだけでなく、注文を受ける業務などがなくなるとして人手不足の解消にも効果があると言われています。

モバイルオーダーとは?システムや仕組みを説明

モバイルオーダーとは?システムや仕組みを説明

モバイルオーダーには、飲食店の使用用途によって種類があります。

  • 店外型モバイルオーダー(テイクアウトモバイルオーダー)
  • 店内型モバイルオーダー(QRオーダー/テーブルオーダー)
  • キャッシュオン型モバイルオーダー(飲食前に注文会計を行うモバイルオーダー)

ひとつずつ仕組みやポイントをご紹介します。

店外型モバイルオーダーとは

店外型モバイルオーダーとは

店外型モバイルオーダーは、テイクアウトをお客様のスマートフォンから注文するシステムです。 従来飲食店の電話や店頭で注文を受け付けていたテイクアウトをモバイルオーダーにすることで、注文業務の削減や、お客様の待ち時間を短縮することが可能になります。

飲食店の公式SNSやアプリ、Googleマップなどから、お客様は注文したい店舗を探し、それぞれのサイトやアプリに設置してあるリンクより注文ページを表示します。 支払い方法はキャッシュレス決済を採用しているものも多く、クレジットカードを始めICカードやコード支払いなどに対応しているシステムもあります。

店内型モバイルオーダーとは

店内型モバイルオーダーとは 店内型モバイルオーダーシステムは、イートインのお客様が自身のスマートフォンで料理メニューを注文するシステムです。 QRオーダーやテーブルオーダーなど呼称されることもあります。

居酒屋やレストランなどイートイン店舗で利用されており、店舗規模が大きかったり、食べ飲み放題など注文業務でスタッフが呼ばれることの多い業態で多く用いられています。

イートインのお席についたお客様が、テーブルなどに設置されたQRコードを自身のスマートフォンで読み込み、メニューを閲覧します。 注文したいメニューを選び、そのまま注文することができ、決済までも完了することが可能なため、多くのホール業務を削減できます。

キャッシュオン型モバイルオーダーとは

キャッシュオン型モバイルオーダーとは キャッシュオン型モバイルオーダーとは、飲食前に店舗カウンターなどにて注文・会計・料理の受取をする業態で利用されるモバイルオーダーです。 お客様自身のスマートフォンでQRコードを読み取り、注文を通し、メニューを受け取るシステムです。

キャッシュオン&イートインの機能が備わっているモバイルオーダーでは主に、はじめにイートイン/テイクアウトをモバイルオーダー上で選び注文します。 飲食前にお会計を行うという点で店外型モバイルオーダーと同様のため、大きく分類すると店外型モバイルオーダーに含まれる場合もあります。

イートイン/テイクアウト、どちらも可能なカフェやファストフード店で多く用いられています。

モバイルオーダーを飲食店へ導入するメリット

モバイルオーダーを飲食店へ導入するメリット モバイルオーダーには、人手不足やリピーター促進、インバウンド需要など飲食店舗にとってのメリットだけでなく、お客様側のメリットも多く存在します。 ここでは、店舗側、お客様側に分けてメリットをご紹介します。

店舗側のモバイルオーダーメリット

店舗側のモバイルオーダーメリット

業務削減で人手不足の解消に

店内型、店外型モバイルオーダーともに、スタッフの業務を多く削減することが可能です。 店内型モバイルオーダーであれば、お客様からの注文業務やレジ業務が削減され、ホールスタッフは注文を運ぶのみとなります。 店外型モバイルオーダーは、今まで電話や店頭で受けていた注文がなくなり、電話対応に時間を取られることも、店頭注文に専任スタッフを立たせることも必要なくなります。 そのため、デフォルトでのホール人数を削減することができ、人手不足の解消をすることができます。

>>>人手不足解消の事例を見る

デジタルメニューブックでコスト削減&訴求力アップ

紙のメニューでも、もちろん料理を美味しく見せるための工夫は多くできますが、モバイルオーダーを導入すると紙メニューは不必要になります。 新しいメニューはモバイルオーダーの管理画面から追加され、紙メニューブックのデザイン費用や印刷費用は今後かかりません。 また、動画でメニューを見せることができるモバイルオーダーもあり、静止画だけでは訴求できないシズル感で注文数をアップさせることも可能です。

顧客や注文データの蓄積でリピート促進

モバイルオーダーの大きな特徴として、デジタルで注文を取るからこそ注文データを蓄積することが可能です。 また、お客様にご登録をいただくことで、お客様属性も取得することもでき、属性ごとの注文動向などを参考に新メニューを作成したり、リピート促進のメールやメッセージを送り、リピート利用を促進することができます。

お客様側のモバイルオーダーメリット

お客様側のモバイルオーダーメリット

待ち時間が短縮される(店外型モバイルオーダーの場合)

モバイルオーダーから受取時間指定をし注文することで、店舗内外で料理を待つことがなくなり、時間を有効活用することができます。 小さなお子さんをお持ちのパパママなど、待ち時間はお子さんがぐずってしまいじっと待つことができないため、パパママ層にも活用されています。

お客様の好きなタイミングで注文ができる(店内型モバイルオーダーの場合)

イートインで店舗を利用する際、お客様はスタッフを呼ぶ必要があります。大きな声を出すことは、お客様によってはストレスとなっており、また、スタッフに気づかれなかったため注文しないということも多く発生しています。 モバイルオーダーは、お客様が注文したいタイミングで注文ができ、スタッフが駆け回ることもありません。 紙メニューブックよりも情報が豊富 モバイルオーダーのメニューブックでは、メニューごとにオプションを入れたり、メニューに合うおすすめのドリンクなどを設定することができるものも多くあります。 そのため、お客様がひとつのメニューを選んだとき、選んだメニューに合うドリンクやサイドメニューを知ることが可能です。

モバイルオーダーを飲食店へ導入するデメリット

モバイルオーダーを飲食店へ導入するデメリット

モバイルオーダーの導入にはもちろんデメリットもあります。店舗側デメリット、お客様側デメリットに分け、いくつかご紹介します。

店舗側のモバイルオーダーデメリット

お客様との対話機会減 モバイルオーダーにすることで、注文業務が削減されます。人件費を削減したいのであれば問題ありませんが、お客様へのおもてなしを大切にしている飲食店からすると、おもてなしの機会が減ってしまうという見方もあります。

しかし、注文業務でないと対話できないということはなく、手の空いたスタッフは新メニューやおすすめのメニューを紹介しにテーブルを回ったり、ドリンクグラスが空いたお客様におかわりをおすすめしたり、対話をよりよくする方法もあります。 機械にできることはモバイルオーダーに、人は人にしかできない業務を行うことで、おもてなしを厚くすることは可能です。

>>>参考記事:モバイルオーダーでおもてなしの接客

導入コストがかかる

お客様のスマートフォンで行うモバイルオーダーですが、やはり多少のコストはかかります。例えば、店舗スタッフ用端末だったり、キッチン飛ばした注文を印字するためのプリンターだったり。

しかし、業務削減分のコストや紙メニューブックが不要になる分など、削減されるコストも多く、数年で考えると大きなコストではありません。お客様の満足度向上や注文単価アップなどもモバイルオーダーでは見込めます。

また、注文システムとして卓上タブレットがありますが、卓上タブレットの導入費用と比較するとモバイルオーダーの導入コストは10分の1だと言われています。

お客様側のモバイルオーダーデメリット

会員登録などの手間がかかる(場合がある)

モバイルオーダーには、会員登録が必須となるものも多くあります。アプリ型などで特に多く見られます。会員登録には慎重になる方も多く、登録が必須の場合、注文前に離脱してしまう可能性があります。 会員登録のメリットもありますが、会員登録をお客様側が選べるようなシステムであれば、お客様の利用ハードルを下げられる可能性が高いです。

利用できる店舗がまだ少ない

マクドナルドやスターバックスなど大手企業は全国的にモバイルオーダーを導入しており、利用して便利だと思ったお客様の声も多く聞きます。しかし、モバイルオーダー未導入の飲食企業も多く、お客様が利用したいと思った店舗ですぐに利用ができないのは難点です。 セキュリティが不安 モバイルオーダーシステムを運営している企業は、セキュリティを強固にしていますが、お客様側になかなか伝わらないことも多く、クレジットカードの入力など拒んでしまうお客様もいらっしゃいます。 お客様の不安を払拭するためにも、セキュリティがしっかりしており、大手企業も導入しているサービスを選択しましょう。

>>>4000店舗導入実績のモバイルオーダーシステム O:derPlatform

モバイルオーダー導入飲食店の成功事例

吉野家(店外型モバイルオーダー)

吉野家(株式会社吉野家)は2019年からモバイルオーダーの導入に着手しており、早い時期からデジタル化に注目していました。お客様の「テイクアウトの待ち時間を減らしたい」というニーズがあったこともあり、デジタル化でお客様の満足度を改善したことで、売上増加につなげました。

>>>吉野家の導入事例を詳しく見る

丸亀製麺(店外型モバイルオーダー)

DX推進でも名前を聞くことも多い丸亀製麺(株式会社トリドールホールディングス)は、コロナ禍の2021年に一気に全国600店舗へモバイルオーダーを導入をしました。 丸亀製麺ではモバイルオーダーの導入で終わらずお客様が良いと思える体験にすることを重視し、テイクアウト商品専用の受取窓口を設置したり、スタッフのオペレーションの見直しを図るなど、お客様目線での導入を行っています。

>>>丸亀製麺の導入事例を詳しく見る

赤から(店内型モバイルオーダー)

赤から(株式会社赤から)では、人手不足をきっかけにモバイルオーダーを導入しました。 食べ飲み放題では制限時間があるため、時間内にスムーズに提供することもお客様の満足度につながります。しかし、限られたスタッフ数では回すことも難しく、人手不足もあり、モバイルオーダーを導入。導入後はオペレーションも見直し、より少ない人数で運営しています。

>>>赤からの導入事例を詳しく見る

>>>もっとモバイルオーダーの導入事例を見る

まとめ

モバイルオーダーについて、仕組みから導入するメリット・デメリットなどを解説してきました。 現在モバイルオーダーの導入を検討されている飲食企業も多くあり、よりお客様にも店舗にも使いやすく、店舗の運営にあったモバイルオーダーをお選びください。

>>>4000店舗導入実績のモバイルオーダーシステム O:derPlatform

こちらの記事も読まれています
飲食DXとは?飲食企業のDX担当者が知っておきたいポイントを解説
モバイルオーダーを導入した飲食企業8選|活用法や導入効果も紹介

written by

FOOD-IN編集部

FOOD-IN編集部ライターが未来の飲食店をつくるための経営ノウハウをどのメディアより”分かりやすく”をモットーにお届けします。