モバイルオーダーを導入すると客単価が上がる?

最近よく聞く「モバイルオーダー」。 実は今、感染拡大や人的コストなど、厳しい状況が続く飲食店を救う新しいサービスとして注目を集めています。ただ、存在は知っていても実際よいものなのか判断しかねている飲食店も多いのでは。本連載ではモバイルオーダーを理解するための情報をさまざまな角度からご紹介します。第3回目は、モバイルオーダーを導入すると客単価が上がるという真相について解説。

【連載】モバイルオーダーの正解

第1回:最近話題のモバイルオーダーって何?
第2回:モバイルオーダーを導入すると変わる3つのこと
第3回:モバイルオーダーを導入すると客単価が上がる?(本記事)
第4回:モバイルオーダーの導入効果を最大化させるひと工夫
第5回:モバイルオーダーと卓上タブレットの違い
第6回:【2021年最新】モバイルオーダー導入中の飲食店3選

※クリックで飛べます

ずばり、モバイルオーダーで客単価が上がる理由は4つ

モバイルオーダーを導入すると客単価が上がるという理由は以下4つです。

  1. 自分のペースでじっくり選べる
  2. スタッフの忙しさを気にせず、好きなタイミングで注文ができる
  3. オプションの効果
  4. 写真付きで商品のイメージが付きやすい

では、一つずつ具体的に見ていきましょう。

1.自分のペースでじっくり選べる

例えばお店に食べに行った時やテイクアウトをしに行った時、「スタッフが来てしまう..早く注文しないと」「後ろに人が並んでいるから早く決めないと」とあせってしまうことありませんか?あせった結果、最低限の注文になってしまったり、値段だけで決めてしまったり..

サイドも頼みたかったけど、決められなかったからやめちゃった。

ああ後ろに人がいる。もう値段安いからこれでいいや!

せっかくだからじっくり選んで美味しい料理を食べたいものです。

モバイルオーダーはだれも急かさない

モバイルオーダーによって誰にも急かされない状態になると、お客様は気持ちに余裕ができます。ゆっくりメニューを見てみると、いつもは気付けなかったメニューにも気付くことができたり、気持ちの余裕から「あ、これも買ってみようかな?」という心理にもなりやすくなります。

2. 好きなタイミングで注文ができる

忙しくてバタバタとしているスタッフやお店を見ると注文ってしづらいですよね。タイミングを見計らって声をかけるのも、呼び出しをしたのに忙しくてスタッフが来ないのもお客様にとっては大きなストレスです。

店員さん来ないな~。もういいや。

注文の機会損失に..

モバイルオーダーは注文のタイミングがお客様次第

タイミングを計らないといけない対面での注文と違って、モバイルオーダーはお客様の好きなタイミングで注文をすることができます。特にイートイン型のモバイルオーダーになると追加注文が自分の手元で簡単に完了するため、その注文ハードルの低さが客単価UPにつながります。

さらにテイクアウト型では

テイクアウト型のモバイルオーダーの場合は、事前注文を受け付けることで店頭で待たずに注文と商品の受け取りができるなんてメリットも!

3. オプション(追加)注文がしやすい

売上を上げるためにはぜひ追加注文やトッピング注文をもらいたいもの。単価UPを狙ってサイドメニューやトッピングなどのオプションを充実させているお店も多いですよね。ただ当然ながら、メニューを用意するだけではなく、それらの選択肢をわかりやすく示し、お客様に選んでもらわないと意味はありません。

モバイルオーダーは「ついで買い」の機会を逃さない

モバイルオーダーでは、メインのメニューを選択するとそのメニューに対して選べるオプション(追加メニュー)を表示させることができます。例えばハンバーガーを選んだ場合、追加トッピングとして選択できるチーズやレタスなどが一覧で表示されるというイメージです。

【画像左】店内向けモバイル・テーブルオーダー®サービス「O:der Table(オーダーテーブル)」、【画像右】テイクアウト注文サービス「O:der Togo(オーダートゥーゴー)」
【画像左】店内向けモバイル・テーブルオーダー®サービス「O:der Table(オーダーテーブル)」、【画像右】テイクアウト注文サービス「O:der Togo(オーダートゥーゴー)」

トッピングに限らず、おすすめしたいメニューを「ご一緒にいかがですか?」という形で表示させるなんて工夫も。対象のメニューを選ぶと表示されるようになっているため、確実にその存在をアピールすることができ、「ついで買い」の機会を逃しません。
O:der Table(オーダーテーブル)、O:der Togo(オーダートゥーゴー)のサービスサイトはこちら

1つだけのつもりだったけど、見たらついでに頼みたくなっちゃった

的確なタイミングで「ついで買い」を促して客単価UP!

4. 写真つきでメニューのイメージがしやすい

メニューの写真はお客様に注文を促すうえで非常に大事な要素になります。とはいえ、写真付きのメニューブックを作成するのはコストがかかるということもあり、文字だけのメニューブックを使っているお店も実際は多いですよね。しかしお客様からすると、文字だけのメニューはなかなかイメージがしづらいもの。注文をするうえでイメージが湧かないメニューは、いくらお店のおすすめ度や単価UPへの貢献度が高くても注文してもらいにくいのです。

「〇〇」って何だろう..?わからないからやっぱいいや。

モバイルオーダーは写真でイメージが湧く

ほとんどのモバイルオーダーシステムでは、メニューと一緒に写真を設定できます。写真つきでを設定することで、お客様ははっきりとメニューのイメージをつかみやすくなり、「よくわからないからやめておこう」なんてことを防ぐことができます。

メニューのイメージが湧くだけで、注文のハードルは下がる!

モバイルオーダーは客単価をUPさせる環境をつくる

女性二人

モバイルオーダーの導入で客単価が上がる理由

1. 自分のペースでじっくり選べる
2. 好きなタイミングで注文ができる
3. オプション(追加)注文がしやすい
4. 写真付きでメニューのイメージがしやすい

⇒モバイルオーダーは客単価をUPさせる環境をつくる

ここまでモバイルオーダーを導入すると客単価が上がる理由について解説しました。ここで気を付けたいのが、モバイルオーダーは導入したら終わりではなく、その後のひと工夫で利用率や効果が変わってくるものであるということです。せっかく導入したのであればその効果は最大限に発揮させたいですよね。詳しくは次回「モバイルオーダーの導入効果を最大化させるひと工夫」にてご紹介します。

モバイルオーダー専門家の話を聞いてみませんか?

株式会社Showcase Gigが提供するモバイルオーダープラットフォーム「O:der Platform」
株式会社Showcase Gigが提供するモバイルオーダープラットフォーム「O:der Platform」

「FOOD-IN」を運営する株式会社Showcase Gigでは、店内向けモバイル・テーブルオーダー®サービス「O:der Table(オーダーテーブル)」をはじめ、テイクアウト注文サービス「O:der ToGo(オーダートゥーゴー)」など、これからの飲食店に欠かせない“次世代店舗創出プラットフォーム”を提供しています。

あなたのお店に最適なモバイルオーダーをご紹介します。気になることや導入事例など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ サービス詳細